Upwork

【freeeで確定申告】Upworkの売上どうする?ドル払い給料の記録方法

今年もこの季節、ZEIKINの時期がやって参りました。個人事業主で副業している以上、本当に毎年嫌々やってますが、一番最初に比べたら何てことはありません。この記事では、Upworkでの売り上げを会計ソフトを使って記録していく方法を紹介していきます。

【Upworkやってみた】月5万!日本在住・ちょい英語で副業ここ数年で月5万くらい稼げているサイトをご紹介します。試してみる価値はあると思うので、公表するのは惜しいですが体験談も全部話しちゃいます...

Freeeで確定申告できる?Upworkの売上の記録方法

ド素人も厳しい確定申告書類作成を乗り越えられる神ソフト

※私はずっとfreee(フリー)を使って確定申告しているので、この記事ではこの会計ソフトでの記録方法を書いていきます。税理士さんに相談しながら一緒に記録したので、誤った情報ではないですがあくまで体験の参考としてご利用ください。

副業でも年間20万円を超えると確定申告していかないといけません。もう使ってる方も、これから使う方も、確定申告途方に暮れてる方もfreeeが使いやすい理由はこちら。

〇×で質問に答えて数分で、確定申告書類が出来上がる

(画像参照:freee公式HPより)

「面倒くさい」を具現化したような確定申告の書類作成プロセスですが、e-Taxでの申請により売上金額や経費を入力した後は税務署に行かなくてもfreeeのアプリで提出できます。今まで税務署が混まない時間帯を狙って出向いたり、確定申告ブースの長蛇の列に並んだりしなくても良くなり散々だった思い出を塗り替えてくれました。

Upwork売上の支払い口座とfreeeを紐付け入力

Upworkで活動されている方は売り上げの支払いを個人の銀行口座とリンクしているはずです。どうやって確定申告するのかイメージが付きにくい人もいるかもしれませんが、簡単に言えばfreeeにUpworkで使っている口座を登録して同期し、取り込んでおけば問題ありません。

※ただ取り込むだけでは提出できません!記述方法がありますので次の見出しへ。

確定申告がサクッと終わる!freee無料会員登録へ

確定申告は、質問に答えていくだけ|会計freee

(参照:freee公式HP)

【Paypal編】ドル払いの売上はこうやって記録する

振込明細公開!実際に確定申告した売り上げで解説

Upworkの売り上げをそのままドルで受け取れるので、Paypalで受け取っている人も多いはずです。私は数年間ずっとPaypalを使っていたので、当時の振込明細を持ってきました。年間の合計金額ではなく、ある月にまとめて売り上げを申請した時のものです。

現在(2023年1月)のレートで196,818円です。円安の今、申請すれば全然違ったなぁ。

予期せぬエラー!Paypalで取り込むと表示されない?

確定申告面倒だなぁ。でも何とか口座の紐付けも終わったし、freeeに取り込んだ支払い明細でも仕訳するか…と渋々ログインして画面を開いてみたある日。

全然反映されてねぇ。

何回同期しても画面は真っ白、freeeのサポートセンターのスタッフも分からず、自分で色々いじってみてもサッパリ訳分からん状態が数日続きました。行き詰まる仕訳作業、刻々と近付く確定申告の締め切り…もはや自分の力の限界を感じたので、税理士様の助けを借りることにしました。

そこで判明した結論です。

freee上では、paypalと口座を紐付けても日本円の取引しか同期できない

ということです。何でそうなったかというと、同じPaypalの取引でも日本円で支払った決済は反映されているのに、ドルの取引だけ避けてるかのようにキレイに反映されていないことに気付きました。

…何だかワンランク上の面倒なことになってしまって、白目剥いてる私を救ってくれた税理士様の対策がこちらです。

Upworkの売上申請から支払いまでの流れはこちら

【★実践編】freeeでpaypalのドルを反映させる方法とは

こちらが実際(確定申告で提出した時)のfreeeの画面です。ポイントは3つ。ここからは既にfreeeをお使いの方、これから使おうと思っている方、Upworkでの申告はどうなるのか気になる方に向けて書いています。

<会計ソフトfreeeにPaypalの売上を記入する方法>

①口座名を手動で追加する。
②実際に受け取ったドル払いの金額を取引内容欄に記載する。
売上げが発生した日の為替レートを確認して入力する。

①口座名を新しく手動で追加する

Paypalと口座を紐付けても、アメリカドルは同期できないことが分かったので税理士様と「もう、こうしちゃいましょう。」ということになりました。自動的に同期出来る口座とは別にアメリカドル用の口座を追加しました。

同期対応していない金融機関を登録し、明細を取り込む方法はこちら(free公式HP)

②実際に受け取ったドル払いの金額を取引内容欄に記載する

ここにはUpworkから支払われた元の金額を記入します。証拠が分かるように振り込まれた金額が記載されている振込完了メールのスクショ、またはUpworkから売上レポートがダウンロード出来るので添付資料として一緒にアップしました。

③売上げが発生した日の為替レートを確認して入力する

レートは毎日変わるので、為替サイトで円換算した金額を記入します。証拠として、念のためスクショも取っておきます。私が計算に使用したサイト:為替コンバーター(無料です)

実際に入力した金額と一致するように、再度確認してくださいね。

この方法なら、自動的にPaypalから同期した他の取引と混同することはないし、管理も比較的楽になりました。手動なので、引き落とし回数が多い場合は入力が面倒ですが1年に1回の提出なのでやるしかねぇ。

他にも良い方法があれば私も教えて欲しいところ。やっぱり自動で売り上げ金額取り込んで欲しいってことならPaypal受け取りは辞めて楽天銀行や普段使っている口座に変えるのが得策と思います。

⇒freee無料登録する

【質問し放題1万円?】フリーランス確定申告の税理士はココナラで見つかる

ある程度自分で調べながら確定申告書類を作ったとしても、やはり色んな疑問が出てくるものです。この場合はどうなのか?これはどこに仕訳するの?これは経費にしてもいいの?

私も悩みまくった結果、遅ればせながらやはりプロに頼んだ方が死ぬ程時間の節約に繋がることに気付きました。

とはいえ、どこで頼んだらいいのか?やっぱこの時期の税理士さんたちは引っ張りだこで単価も高いんですよ…freeeでも無料でチャットサポートは受けられますが、オペレーターの順番待ちで時間がかかることもしばしば。

しびれを切らした私が探しまくって辿り着いた1本のクモの糸、それはココナラ
です。

コスパ◎カジュアルに相談に乗ってくれる税理士多し!

ココナラのトップページから「税理士 確定申告」で検索してみてください。良心的な税理士様たちがこんなにヒットします。確定申告系でも355件以上サービスが登録されているので、値段や納期、サービス内容などを絞ってマッチした方を見つけて相談してみてください。

私がお世話になった方は、まだココナラに登録したばかりで特別価格でサービスを提供されている税理士さんです。

<含まれていたサービス>

・1万円で確定申告・税金に関する質問し放題
・入金したら即日相談開始
・画面共有で会計ソフト操作サポート
・仕訳、入力アドバイス etc.

と、もう本当にかゆい所に手が届く内容で、お礼に肩でも腰でも揉んで差し上げたいくらい助かりました。マジでこの時代に感謝。また、税理士さんへの相談料も経費として計上出来る場合が多いので、確定申告の申請手続きで悩んでいる方、ぜひご利用くださいませ。



お問い合わせも多く、Upworkの日本人コミュニティを拡大させるため、今年はSNSでも力を入れることになりました。よろしくお願いします☺

Twitter⇒@sishamotravel

ABOUT ME
sishamoo
コロナ禍の失業をネットの副業で乗り越えました。クラウドソーシングサイトUpwork6年目、月商60万円達成したので電子書籍書きました! インドの予言書・アガスティアの葉の代行もやっています。一度体験してみたい人はご連絡ください。