インド

【インドで聖水を配る】1年に1度!シク教の特別な夜と街角聖水コーナー

黄金寺院の食堂に通い毎日野菜を切っていましたが、こんなこともありました。

こちらの記事は【無料食堂・聖水編】です。

お寺に行く途中の道で、水の入った巨大なバケツを毎朝同じ場所まで運ぶターバンのBABAがいました。(BABA:修行僧(サドゥー)や年上の人または尊敬すべき人への呼び掛けの言葉)

ある日、気になったので聞いてみると、BABAが嬉しそうに答えてくれました。

B「これを飲むと体が清められる。みんなが飲みたい時にすぐ飲めるようにここで配っている。グッドカルマでやると良いことが返ってくるから一緒にやりなさい。」

私「おー!やります!」

実は、この水は黄金寺院の周囲にある池の水で、不老不死の池(アムリタ・サロヴァル)と呼ばれています。ここはその大変ありがたい聖水(ホーリーウォーター)が飲み放題で、好きなだけ無料でテイクアウトができる「街角給水スポット」なのです。

面白そうなのでその日からBABAと街角で聖水を配ることにしました。BABAはこの行動を「セーワー」と言っていました。

SEWA:ヒンディー語に、サンスクリット語から由来する、सेवा(sevā:セーヴァ-)という単語がある。奉仕という意味があり、発音も「世話」の発音と似ている。日本語の「世話」の語源にもなっている。

誰でもできる!聖水の配布準備 簡単3ステップ+α

では、BABAが数分後には配りたいと言うので開店準備を始めます。

①黄金寺院の池から水を汲んで運ぶ

滑車ごと寺院の中に入り、巨大バケツ(子どもが人くらい入れる)に池の水を汲みます。9割くらいまでいれたら聖水配布ポイントまで戻ります。

②網で濾して、細かいゴミを取る

これが大事なステップ。飲みにくい大きなゴミは網で全て取り除きます。これであやしい物が入っていても目には見えなくなりました。

③コップに汲んで並べる

キレイに濾した水をカップに注いで並べておく。みんなが飲んで数が少なくなったら、カップを洗ってまた新しく注ぎ足します。

④髪の毛を隠す

黄金寺院の敷地に入る人は全員スカーフやターバンで髪を隠して入ります。寺院の聖なる水を配る者たるもの、髪の毛を隠さなければいけません。しかし、その日の私はスカーフを宿に置いてきてしまいました。

私の頭を見つめ、困ったBABAは近くのインド女子大生に何やら話しかけ、直径20cmくらいの小さなハンドタオルを手に持って戻ってきました。そしてそのタオルを私の頭の上へパサっと乗せ、「OK!」と満足そうな様子でした。

髪の毛全然隠れてないけど、いいのかな?

⑤声出しの練習

街角でやるので、シク教の挨拶を教えてもらいました。

B「ワッヒーグルデカッサール、ワッヒーグルデファテ!はい繰り返して!」
私「わっひー…?」
B「NO!ワッヒーグルデカッサール、ワッヒーグルデファテ!」 
私「ワッヒーグル…デカッサ…?忘れました!」

長すぎて覚えられません。手にカタカナで書いてメモします。

⑥お清めの儀

聖水準備完了、声出し練習完了、そして最後にBABAが言いました。

B「聖水を配るのだから、まずは自ら飲んで体を清めなさい。」
私「!!Σ(°д°)」

この水は…朝みなさん沐浴してたし、お魚がたくさん泳いでいたような…

まあ死にはしないだろう…BABAに見守られながら、腹くくって1杯飲みました。濾してあるので、ゴミもなく口当たりは滑らか、ほんのりお魚の風味。今後の私のお腹が心配ですが、これで準備が整いました。

驚くべき聖水の力!引き寄せられるインド人たち

さて、開店です!配ると言っても、看板がある訳でもなく、呼び込むわけでもありません。水を汲んだカップを机に並べて、頭にタオルを乗せてBABAと一緒に待ってるだけです。

まさかそんなに来ないだろうとタカをくくっていた私。

出勤前の一杯

開始10分後、最初のお客さんが立ち寄りました。ビシッとスーツを着た男性で、通りかかった時にチラッと横目でカップを見て手に取り一気飲み。

すごい、全部飲んだ…カップには400mlくらい入っています。全て飲み干そうという強い意志が無いと飲み切れません。

家族で一杯

その後すぐ赤ちゃんを抱いた夫婦が来ました。お母さんは半分一気に飲み、残りを赤ちゃんの口へ。お父さんはもう1杯おかわりしていきました。

おかわりって…これ味付いてる?って思うくらいの飲みっぷり。びっくりして空になったコップの中身を見つめてしまいました。

そして30分後、聖水コーナーはピークを迎え次から次へとインド人がやってきます

驚くべき売れ行き

たくさん荷物を持って自転車をこいでるおじさんが、わざわざUターンしてやって来て一杯。一度通り過ぎた人も聖水を飲みに戻って一杯おばあちゃんは2リットルのペットボトルに持ち帰り子どもたちは腰に手を当てて風呂上がりの牛乳のように飲み干していました。

すごい…この水はすごい!

1時間で立ち寄った人数73人。通った人はほとんど飲んでいく+おかわりまたは持ち帰りするので、その辺の売れない店よりもよっぽど忙しくなってきました。

30個くらい出したカップはどんどん空になり、(濾した聖水で)洗ってまた水を注ぐ。
一度に入れる量が多いので、聖水がすぐ足りなくなり、BABAも一生懸命を濾していました。

繁盛してるタピオカ屋さんってこんな気持ちかもしれない。

黄金寺院のお寺と同じように、ここでも聖水を配るのは誰でもOK。学校帰りの学生や散歩で通りかかったおじさん達も参加し、新入りの私に衛生指導が入りました。

インドでは、他人が口を付けた食器を触るのは不浄とされています。聖水コーナーでは、うっかり触れると聖水をかけて再度清めなければいけません。忙しくて使用済のカップを手で一度受け取ってしまい、それを見ていたBABAに「それはいかん!清めなさい!」と言われ濾す前の原水で再度手を洗いました。

15時になると、BABAはお腹が空いたからランガールにご飯(カレー)を食べにいくというので、店じまいとなります。

観光客の私にとってはただの池の水でも、シク教の人たちにとっては生活の一部になっている大切な水です。この聖水コーナーでは、その日常の暮らしを垣間見れたのでとても素敵な時間でした。が、終わってからめちゃくちゃ念入りに手を洗いました。

さらに輝く黄金寺院!グル・ナーナクの誕生日

夕方、黄金寺院に戻るといつもと様子が違います。入口付近ではロウソクが売られ、みんな手に持って入っていきました。

   
この日は教祖グル・ナーナクの誕生日。

お寺を囲むように四方はたくさんのロウソクが灯りお祈りする人々を照らしていました。
お寺もキンラキラでいつもより3割増で美しい!

インドのyoutubeでグル・ナーナク誕生日の動画を見つけました。
こちらでお寺の雰囲気が分かります。(再生時間45秒)
(引用:ANI NEWS OFFICIAL)

 

グル・ナーナクの教え

このお寺にある四方のゲートは、どこの場所からでも入れます。これは「どんな宗教・身分・性別・職業でも受け入れますよ」という意味があります。
カーストに関係なく他人への奉仕をし、働いて社会に貢献することで輪廻転生を繰り返し、神に近づくことを目標とするのがナーナクの教えです。
インドの他の場所ではカースト制がまだ根強く残る中、シク教は「寛容の精神」を重んじている他に例のない独特の宗教なのです。

そんな懐の深いシク教徒が過ごす、1年に1度の特別な夜でした。

私もお寺を眺めながら横になって寝ようとしましたが、昼間飲んだ聖水により猛烈な腹痛に襲われ、トイレ横で過ごす特別な夜になりました。

※グル・ナーナク誕生日は旧暦で決まるため毎年変わります。
2020年日程:11月30日

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。