インド

【知れば納得】インドの国旗のことはインドの子ども向け動画で学ぼう

インドが毎年ぐんぐん他の国を追い越すような勢いを増していますね。 ある記事では、2030年インドのGDPは日本を抜いて世界3位にまでなるとも言われています。インド人恐るべし。 参考サイト:2030年、世界経済をリードする21カ国ランキング —— 日本は何位?

インドの国旗についても意外と検索されています。私も国旗の意味までは知らなかったので調べてみると、結構ざっくりした記事しかないので自分でまとめました。

インドの子どもはみんな知ってる【オレンジ・白・緑】3色の国旗の意味

8月15日はインドの独立記念日です。YouTubeには子ども達が自分の国のシンボルや国旗の意味についてスピーチしたり国旗の手作り製作をする動画がたくさん載っています。 インドの子はどういう風に国旗のことを教わってるんでしょうか?1日中動画を漁り、こんな覚え歌があったので載せておきます。頭に残るメロディです。

オレンジ色(サフラン)…勇気と犠牲、強さ

【動画の歌詞:Strength says Saffron】

インドは仏教もヒンドゥー教も生まれた国です。そしてどちらの宗教にとってもサフラン色は神聖で重要な色。仏像はサフラン色の布で包まれ、東南アジアでよく見かけるお坊さんの袈裟も同じ色ですね。 ヒンドゥー教のサドゥもこの色の布をまとっています。 違う宗教でもお互いに許し合い、受け入れる姿勢を表す色です。

白色…平和と真実

インド哲学によると、白は知性を表します。ヒンドゥー教の女神・サラスワティー(日本の弁天様ポジション)は学問と芸術の神様で白い服を身に纏っています。 また平和を意味し、国旗の中央にあることで元々1つの国で一緒だったヒンドゥー教(サフラン色)とイスラム教(緑色)の和解を表しています。

緑色…大地の恵み、国の繁栄、始まり

【動画の歌詞:Green says Growth day and night】

イスラム教の人たちにとって、緑は開祖・マホメットのターバンの色でもある神聖な色です。国旗の緑色は、インドに住むイスラム教の人たちや国内が緑溢れる豊かな国であるようにという意味が込められています。

青色…宇宙の真理、空、海

【動画の歌詞:Bhudda’s teachings in the chakra blue】

中央にあるマークは、インド初の統一に成功したアショーカ王の教え・心理(ダルマ)を意味します。まだこれが何だか意味不明ですね。詳しくはこの次の見出しでご紹介。1つ前の国旗、ガンディーの糸車にも似ているからという説もあります。

昔の国旗のデザインについて

 (右側写真参考:faridabadblogより)

何回かデザインの変更を経ていますが現在のインドの国旗になる一つ前は、中央に糸車(チャルカ)が配置されていました。これを使って作る布(カディ)は1本1本丁寧に織られるインドの国産品です。 これはイギリスの植民地時代ガンディーを筆頭に海外製の輸入品を断ち切り、自分たちで紡いだ服を着よう、自分たちの足で立ち上がって自由を掴もうというインドの人たちの希望も紡いだ象徴となり国旗に採用されました。

 国旗のルール

インドの国旗の取り扱い方についてはフラッグ・コードという決まりが存在します。その一部をご紹介します。

・インドの国旗は、手紡ぎ手織りのウール/綿/絹のカディ(布)から作られたものでなければならない。

・文化イベントやスポーツなどの公共の場では紙製の国旗を振っても良い。しかし、イベント終了後に地面に捨ててはならない。

・国旗を故意に地面や床に置いたり、水につけたりしてはならない。

・国旗のサフラン色を故意に下に向けて飾ってはならない。    …etc

参考サイト:Do you know the Flag Code of India, 2002?より

アショーカって何?誰?プロフィール紹介

では、国旗の真ん中の絵に関わるアショーカ王ってどんな人物でしょうか?後世に名を遺すくらいなのでドラマティックな人生を歩まれたようです。分かりやすいようにプロフィール形式でかんたんにご紹介します。

名前 アショーカ/Asoka/अशोक
出身地 インド東部・パータリプトラ(インドの大半を最初に統一したマウリヤ朝の都。ガンジス中流付近・現在のパトナー)
生年月日 紀元前304年
家族関係 マウリヤ朝チャンドラグプタの孫。兄弟99人/父親と仲が悪かった
あだ名 チャンダアショーカ(暴虐アショーカ)
キーワード インド統一/兄弟惨殺/カリンガ戦争/法の政治/仏教の布教

アショーカ王の伝説①尖ったナイフ!兄弟99人と大臣500人を殺す

兄弟が99人もいたと言われるアショーカ王は、優秀だったけど父ちゃん(ビンドゥサーラ)と仲が悪く、嫌われていたそうです。ある時、自分のいない間に後継者を選ぼうとしたことを知りブチ切れたアショーカ兄弟もろとも大勢を手にかけ、王位を勝ち取ります。

その後も大臣たちからディスられ、言うことを聞かないことに腹を立てて大臣たち500人の命も奪ってしまいます。「通った跡は全て焼き払われる」と言われるくらいの暴君。飛ぶ鳥を落とす勢いで、秦王の「中華統一!」ならぬ「インド統一!」を成し遂げました。

もう誰にも止められません。

アショーカ王の伝説②カリンガ戦争で我に返る王様…心を入れ替える

昔々、インドの南側・デカン高原あたりはカリンガ国という国がありました。この国欲しい!ここにアショーカ王は捕虜15万人を奴隷として送り、そのうち10万人を殺したと言われています。(カリンガ戦争)

結果、アショーカ王側が征服に成功。しかし、今までの自分を反省。自分は何てことをしてしまったんだ…涙(散々殺した後ですが)

これからは人のためになることをやっていきます!ということで仏教を広め始めます。

アショーカ王の伝説③「キングダム」インド版!法の力で国を治める活躍

仏教(ダルマ)に目覚めたアショーカ王、ブッダの骨とその教えをインド全土(84,000ヶ所)に広めて回り、民衆のために病院の建設、井戸を掘り、道路を整えるなど一生懸命精を出すアショーカ王。あらま、あの暴君が?まるで別人です。その後戦争を起こすことはなくなったと言います。(諸説あり)

仏教の規律や教えは石柱に残していきました。そこに刻まれたアショーカ王のマークは、暴君から民のために尽くしたアショーカ王を称え、現在のインドの国旗にも使われています。

子ども向け動画でアショーカ王の人生を3分で辿る

では、アショーカ王の壮絶な人生がアニメで復習できます。英語ですが絵だけでも何となくわかるかと思います。お時間ある方はどうぞ。

真ん中の絵にはまだまだ意味がある?さらに深いインドの魂を知る

アショーカ・チャクラ(法輪)が24本あるのは意味がある

仏教の教え(ダルマ)の輪(チャクラ)には、何重にも意味が込められていると言われています。調べ始めたら底なしで、どんどん色んな情報が出てきます。笑 その中で信憑性の高いものをまとめました。

チャクラとは?

画像出典:Fandom

昔使われていた円形状の武器のことで、チャクラムと呼ばれています。アショーカ王と同じように法(ダルマ)で国を治めた王様の武器の1つだったと言います。

インド国民としてのアショーカ・チャクラとは?

Love(すること)

Courage(勇気があること)

Patience(忍耐強くあること)

Peace(穏やかであること)

Magnanimity(寛大であること)

Goodness(であること)

Faith(信念を持つこと)

Gentleness(優しくあること)

Selflessness(無欲であること)

Self-Control(自制できること)

Self Sacrifice(自己を犠牲にできること)

Truthfulness(誠実であること)

Righteousness(正しくあること)

Justice(公正であること)

Mercy(慈悲深くあること)

Gracefulness(優雅であること)

Humility(謙虚であること)

Loyal(忠誠を尽くすこと)

Sympathy(共感すること)

Spiritual Knowledge(神や目には見えない精神的な力の知識を持つこと)

Forgiveness(許すこと)

Honesty(正直であること)

Eternity(永遠であること)

Hope(希望を持つこと)

これ全部こなせたら、もはや人間ではなく仏にほとんど近いのではないでしょうか。

24本ある理由:宗教に関係なくすべてのインド人が目指すべき資質・価値観であるようにという意味が込められています。

輪になっている理由①:インド全土に24種類の価値観が広がり、国民が自分自身をコントロールするマインドを培うため。

輪になっている理由②:24本→24時間(1日)中、休むことなく進み続けることでインドがよりよい国になることを目指すため。

ヒンドゥー教としてのアショーカ・チャクラは?

(Gayatri Mantra 108 times Anuradha Paudwal I Full Audio Song I T-Series Bhakti Sagarより)

マントラって聞いたことありますか?インドで古くから伝わるサンスクリット語の言葉で「瞑想やお祈りの時に唱え、心の波長を整える」というものです。だんだん話が怪しくなってまいりました。

ヒンドゥー教から見たこのチャクラの24本線は、ヒマラヤの麓で覚醒した24人の聖人(リシ)を表します。この聖人のおっちゃん達、何がスゴいって、唱えればみんな幸せ・ヒンドゥー教における超最強マントラ「ガヤートリー・マントラ」を編み出したのです。

このマントラは24の音節からなり、24か所の肉体に共鳴すると言われています。インドの父・ガンジーやサイババもこれを唱えると病が治ると推奨したそうです。

唱えたい人は1クール108回です。煩悩と同じ数ですね。これを数クール繰り返すと良いとか。頑張ってください。聞き流しもOK。

仏教から見たダルマ・チャクラとは?

仏教では、チャクラの中の線は元々は8本でしたが、12本だったり、24本だったり、31本だったりします。そして全てそれは異なるブッダの教えを表しています。

8本の教えが王道で、仏像ができる前まで定番説法だったようなので載せておきます。

8本の場合…八正道(人としての正しい行い)

正見(しょうけん):物事を正しく見ること

正思(しょうし):正しく考えること

正語(しょうご):正しい言葉を語ること

正業(しょうごう):正しい行いをすること

正命(しょうみょう):正しくて健全な生活を送ること

正精進(しょうしようじん):正しい努力を続けること

正念(しょうねん):仏の教えを正しく心に留めること

正定(しょうじよう):正しく瞑想すること

輪になっている理由:車の輪が回り続けるように、未来に向かって永遠に人々に届き、広められていく仏の教え=仏法を表す。

輪になっている理由(12本の場合):人間が生まれてから老いるまでのサイクルで、生きている間に繰り返す苦しみを表す。 ←乗り越えると悟りの境地へ。超絶ムズイと思います。

 こんなに仏教仏教言ってるのに、インド国民の8割はヒンドゥー教?

小難しいからじゃないでしょうか。修行とか必要だし。 厳しい気候や、身分制度もあるし、人口だって多いし貧富の差が激しいインド。どんどん受け入れてガンガン進んでいかないと。一般市民は自分を戒めてる余裕ないと思います。

なので仏教は意識高い系の考え方で、「神さまを信じればいいことあるよ★」くらい分かりやすいヒンドゥー教の方が民衆に広まったのは分かる気がします。

まとめ

もう3日間国旗について調べまくったのでとっても理解が深まりました。ですが、国旗→信念→宗教→宇宙の真理…と繋がっていて、かなり壮大な沼にハマっていきそうでここまででストップします。意味が深すぎて酸欠になりそうでした。笑

さすがインドは歴史が長いだけありますね。 最後まで読んでくださる方はいるのでしょうか。私もさらに勉強すれば、この辺のテーマでいつか記事を書けるかもしれません。

参考サイト: 文藝春秋:【質問2】お釈迦様はインドで生まれたのに、いまインド人のなかで仏教徒は1%もいないそうですね。なぜ、インドで仏教は廃れてしまったのでしょうか?

養老山 立國寺 出世観音:「悟りへの道「十二因縁」

One Tribe Apparel: “THE MEANING OF THE DHARMA WHEEL”

Govtjobtips:“National Flag of India”

Wikipedia:アショーカ王 真言宗智山派 

吉祥院:「仏教って何だろう?【5:釈尊の教え「八正道(はっしょうどう)」】」

Flying Deity Tobifudo:「やさしい仏教入門」

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。