自宅でグルメ/体験キットレポート

【原料お取り寄せ】コロナ禍でも!自宅で作る高カカオ豆から濃厚チョコレート

旅先での美味しいご飯やスイーツを楽しむのも旅行の醍醐味ですね。屋台の香りにつられて買ってみたり…地元の人気店に行ってみたり。しかし、今は中々旅に出ることもままならず。

海外の料理教室に行くのも好きだったのに…もうこうなったら、家でこの欲求を満たすしかありません。色んな国(日本を含め)のミールキットや体験キットを試していこうと思います。まずはカカオ豆からチョコレートを作ってみることにしました。

チョコレートの歴史どこまで知ってる?優しい絵の動画で学ぶ


(You tube:Ted Educationより/設定で日本語字幕に変更可)

せっかちな方へ!動画の内容まとめ

チョコレートは中米古代文明圏のみで食されていた

紀元前1900年ごろ、カカオ豆を挽いてチリペッパーとトウモロコシの粉と混ぜて飲んでいた

泡立ちと爽快感広がる苦みが特徴の味わい

アステカ人はカカオ豆を貨幣として使い、儀式などで使っていた

王室の饗宴や兵士のご褒美にカカオ豆を与えていた

1519年ヨーロッパにチョコレートが広まり、胃のムカつきに効く薬とされ、砂糖やはちみつなどを加えるとおいしくてスペイン宮廷でも美食として知られる

カカオ豆の生産急増、奴隷労働やアフリカでの児童労働が現在も課題

2015年、カカオ豆の生産はコートジボワールが全世界の2/3の生産量

チョコレートの歴史は甘くないため、今後は心して食べるように

カカオ豆からチョコレートへ!Bean to Barが体験できるキット

Bean to Bar: カカオ豆からチョコレートバーになるまでの工程・製造のこと

本来、カカオ豆を栽培し、収穫してから私たちの手元にチョコレートがやってくるまでには、ものすごく時間がかかります(きっと)。2021年に生きている我々は、この工程を一部自宅で体験できちゃうわけです。

体験キット販売元:Dari.K
Webサイト:https://www.dari-k.com/item/

本社は京都にあり、インドネシア産の高級カカオをフェアトレードで仕入れ、日本国内に商品展開している会社です。コンビニのセブンにも商品出してるらしく、知りませんでした。

体験キット内容(2,200円)
・カカオ豆(乾燥させたもの)
・チョコレート成型用 シリコン型(カカオの形で可愛い)
・冊子(チョコレートの歴史やレシピ、種類など内容充実してます)

用意するもの
・すり鉢
・砂糖
・ゴムベラ

Youtubeに作り方の動画も上がっていて、こちらと冊子のレシピも見つつ作っていきます。はい、調理(?)開始!

①カカオ豆を洗う

まずは水でお米を研ぐようにカカオ豆を洗います。この時点ですでにほんのりチョコレートの香り…表面は汚れのせいか、水に触れるとヌルっと滑ります。

水の色が綺麗になるまで、これを数回繰り返します。

②水分をふき取る

キッチンペーパーの上に広げて、水分をふき取ります。見た目はアーモンドと似てるため、かじってみました。しかし、かなり固くてまだ口に入れるには早いと判断しました。

③フライパンで表面をパリッとローストする

弱火で焦げないようにコロコロ混ぜながら、ローストしていきます。5分~7分後くらいにはパチッとはじけるような音がして、弾けて飛んでくるんじゃないかとビビりながらやってましたが大丈夫でした。

香ばしいカカオの香りがキッチンに広がります!

④お皿で冷まして粗熱を取る

程よく表面がパリっと乾いて、水分が飛んで色も明るくなりました。亀裂が入り、皮が剥けやすくなってます

ってか、カカオ豆って皮剝くんだ。初めて知りました。

つづく

 

 

 

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。