新型コロナウイルス

【時系列コロナ体験談】感染爆発直前!アメリカ・ラスベガス出張・日本編

緊急事態宣言が発令されてから1週間経ちました。日本時間14日の時点で世界の感染者数は189万7373人まで増え一番感染者が多い国はアメリカです。

現在はコロナで仕事が全て吹っ飛び、無職・無収入の私ですが先月仕事でアメリカに滞在していました。症状が無いので分かりませんが、無症状で感染している可能性があるのですが、検査が受けられず帰国後は人に会わずずっと自宅にこもっています。

実際に罹患した体験談ではありませんが、国内で感じたことと、アメリカ国内でもコロナがすぐそこまで近づいてきている恐怖を感じたので、時系列で体験談として残します。

<国内編> 目次

①1月末 羽田空港業務

各国春節直前正月前に大移動する旅行者・在日外国人

②2月上旬 都内百貨店業務・渡米決定

クルーズ船の隔離開始!都内で外国人のマスク着用率が増える

③2月下旬 観光地から中国人の姿が消える

武漢封鎖1ヶ月!中国語は聞こえず、浅草には大勢の日本人観光客

④3月上旬 渡米日程が早まる

米国の日本入国制限検討!五輪開催にこだわる政府と国民のズレ

⑤3月中旬 出発

不安な渡米…マスクとゴム手袋で空港へ!一定数の渡航者あり

各国春節直前!正月前に大移動する旅行者・在日外国人

①1月末 羽田空港業務

まだ日本にコロナウイルスでここまで騒がれる前、私は羽田空港で仕事をしていました。空港には来たる中国の旧正月(1月25日)前に帰国しようとする留学生・駐在員・旅行者などでロビーはいっぱいでした。

中国人の他にもベトナム・韓国・インドネシア・シンガポール・マレーシアなど旧正月を祝う国の人達も日本のお土産を持って、大勢の人が出発ロビーで荷造りしたり搭乗時間までゆっくり過ごしたりしていつもと変わらない羽田空港の光景です。

コロナウイルスのニュースはネットで見て知っていましたが、まさか今のような状態になると思っていないので特に気にしていませんでした。「何でも中国の武漢とやらという場所で、コロナ何とやらが流行っているらしい」くらいの認識です。

空港職員のマスク率もそこまで高くありません。がっつり飛沫も飛んでいます。

国内感染者人数:13人

1月15日(1例目) 30代男性(神奈川県在住)3日に武漢で発熱後、6日帰国→退院

1月24日(2例目) 40代男性(武漢在住)14日に発熱後、19日に来日→健康観察

1月25日(3例目) 30代女性(武漢在住)18日に来日、21日に発熱→入院中

1月26日(4例目) 40代男性(武漢在住)22日に来日、23日に発熱→健康観察

1月28日、29日(5~8例目) 武漢からの来日観光客を乗せたバスの運転手など

1月30日(9~12例目) 武漢からチャーター便帰国組など全員武漢渡航者

1月31日(13例目) 海外渡航歴無し・中国人観光客のバスツアーガイド

引用記事:訪日ラボ【1月~2月頭まとめ】

クルーズ船隔離開始!都内で外国人のマスク着用率が増える

②2月上旬 都内販売店業務・渡米決定

1月末に武漢在住の日本人の発症が相次ぎ、チャーター便帰国者からも次々と感染のニュースが流れ、かなり「コロナウイルス」という言葉が色んな場所で聞こえるようになりました。2月3日にはダイヤモンド・プリンセス号が横浜に入港・14日間の隔離を開始しています。

私は都内の販売店で勤務していて、毎日不特定多数の人と接していました。会社からは「マスク着用必須」のお達しが出て1日中手放せなくなりました。この頃はまだ電車も連日満員でソーシャルディスタンスは0です。

1月27日から中国国民の海外渡航禁止となり、平日は観光客が減っていましたが、しっかりマスクを着けて観光している人が多かったです。この時期にフリーで仕事をしていた別の会社で、アメリカ行きの出張が決まりました。

まだそこまでアメリカの感染者はいなかったので引き受けてしまいました。

国内感染者239名(患者217名、無症状病原体保有者22名)
引用記事:厚生労働省HP

コロナウイルス関係 時系列ニュース抜粋

2月7日  アウトブレイクの可能性にいち早く警鐘を鳴らしていた中国人医師が死亡

2月11日 中国の新型コロナウイルス死者が1,000人を突破

WHOが新型コロナウイルスの正式名称を「COVID-19」と命名

2月19日 クルーズ船から、新型コロナウイルス陰性の乗客の下船開始

2月24日 日本国内の専門家会議が「今後1~2週間が瀬戸際」との見方を示す

2月26日  日本政府が、今後2週間のスポーツ・文化イベント、中止や延期を要請

2月27日 政府が3月2日から春休みまで、全国公立小中学校要請

2月28日 トイレットペーパーやティッシュなどが品薄とデマ情報が出回り買い占め発生

引用記事:訪日ラボ【2月まとめ】

武漢封鎖1ヶ月!中国人の代わりに大勢の日本人観光客

③2月下旬 マスク品薄・観光地から中国人の姿が消える

私は観光地・浅草のど真ん中に住んで8年になります。急激に外国人観光客向けのお店が増えて雷門周りは常に観光客でいっぱいでした。周辺のお店には中国人のスタッフが増え、店内表示も中国語でお客さんも中国人で、お土産の爆買いする姿を毎日見ていました(見たくなくても)

しかし、中国全土で海外渡航禁止となり、毎日そこら中で聞こえていた中国語が一切聞こえなくなり、長時間行列が出来る飲食店にも並ぶ姿は見えなくなりました。代わりに大勢の日本人観光客ばかりになり、2月26日に政府による大規模イベントの中止が毎日ニュースで流れていましたが、浅草は今までと同じ賑わいでコロナの現実味が全然感じられませんでした。

フランスで働いている友人などは、ブランド物のお店はいつも中国人が爆買いしていくから売り上げが…と言っていました浅草のマツキヨでも全員転売屋か?というくらい買っていたし。彼らの羽振りの良さが経済を回してたのは間違いないですね…中国人パワー、恐るべし。

2月19日にはダイヤモンド・プリンセス号から陰性者の下船が始まり、「日本の対応がマズイ」と世界中からボコボコに批判をくらっています。毎日増える船内での感染者数に不安を感じながらニュースを見ていました。

マスクだけは既に品薄状態で、行き交う人が口を開けば「マスクが」「マスクがない」合言葉のようにマスク不足の話になり、「今日は天気が良いですね」と同じくらいの頻度で「今日もどこにもマスクが売ってませんね」という話をしていたと思う。

米国の日本入国制限検討!五輪開催したい総理と国民のズレ

④3月上旬 欧州にもウイルス蔓延・渡米日程が早まる

2月下旬に安倍総理の休校要請があり、子どもがいる家庭は預ける場所がない、勉強させる場所がない、子どもの世話で出勤できないなど急な対応に困っている様子が多くニュースで流れました。

若者や子ども達はというと、休校の意図がしっかり伝わっていないのでヒマを持て余し、友達とカラオケに行ったり人が集まる場所に遊びに行ったりしている姿が目立ちました。「何のための休校?」と思ったのを覚えています。

マスクなんてそうそう手に入らない高嶺の花になってしまったので、もうみんな手作りし始めていました。

高校選抜野球・NBAなどスポーツも軒並み中止、各国の非常事態宣言が続く中、世間が「こりゃオリンピックは無理だ」という意見をよそに総理とWHOが頑なに「完全な形で」「予定通り行う」と意見を変えず。国民「!???」2月頃から、安倍さんの言動が国民やアスリートのためではなく経済優先だという姿勢が国民に伝わり始めていました。

私の渡米日程は3月下旬の予定だったのですが、3日にトランプ大統領が「日本への入国制限も検討中」というニュースを目にした瞬間ビビりました。先方も「その日程だと入国出来ない可能性があるから、予定を早めて来てくれ」とのこと。

生活がかかってるので腹をくくって行くことを決意。もうこの頃には、各航空会社の減便・運航休止の発表が止まらず、予約キャンセル・返金の電話が鳴りやまないのでしょう。チケット日程変更の電話に1時間半待ちましたが、「コロナですか?」と向こうから光のスピードで手数料無しで対応してくれました。

国内感染者2,122名(患者1,605名、無症状病原体保有者206名)引用記事:厚生労働省HP

コロナウイルス関係 時系列ニュース抜粋

3月5日   中国・韓国・イランが事実上の入国拒否対象へ

3月6日  PCR検査、公的医療保険適用開始

3月9日 新型コロナウイルス政府専門家会議が現状認識を公表「持ちこたえている」

3月10日 専門家会議の提言「3つの密」を避けて

3月12日   WHOがパンデミック認定

【アメリカ】英除く欧州からの入国 30日間停止

3月14日 【アメリカ】国家非常事態を宣言

安倍首相が記者会見「ストレス解消に屋外へ」「オリンピック予定通り」

3月15日  マスクを取得価格より高値で転売禁止

3月17日 EUが欧州全体の封鎖決定

3月20日 【アメリカ】全世界のビザ発給停止

国内3連休始め、桜開花・自粛のストレス解消など外出増える→感染

3月24日 東京オリンピック延期決定

3月26日  アメリカからの渡航者対象に14日間待機要請開始

3月27日 小池都知事定例会見「週末外出自粛要請、平日は自宅勤務」

東京で感染者数増加のため、各都道府県で東京行き自粛要請が相次ぐ

引用記事:訪日ラボ【3月まとめ】

不安な渡米…マスクとゴム手袋で空港へ!多数の渡航者あり

⑤3月中旬 オリンピックの1年延期・自粛要請の中アメリカへ出発

渡米日程を2週間以上も早めたものの、いつ状況が変わるか分からない状態で不安だったので、毎朝起きたらすぐニュースの確認を繰り返し。この時はほぼパンデミックですが、WHOからまだパンデミック宣言がされていません。

オリンピック開催をめぐっては、次々と各国から延期の声が上がり、練習もままならないので辞退する選手が出た、政府はまだやるつもりで進めているようでした。東京都内の感染者数も増え続け、既に3月の私の仕事は渡米の件以外全てキャンセル。

この頃、外出時のマスク着用はもう息することと同じくらい当たり前のようで、人混みでは誰もがピリピリしていました。ちょっと電車で咳き込んだりしたら「こいつコロナか!うつすな」の視線が痛いほど刺さり、欧米ではアジア人差別が起きているニュースもよく耳にするようになった。

薬局のスタッフは、マスク不足でやり場のない怒りをぶつけてくる客に連日謝り続ける。見えないウイルスのせいで人間が優しくなれなくなっていました。

そして、私は今後の収入の当てもなく、先行きが見えないまま当日を迎え空港に向かいました。電車の中でスーツケースを運ぶ姿は悪目立ちして、非国民か」と言われているような視線を浴びながら空港へ到着。

2ヶ月ぶりに足を運んだ羽田空港は、まだ結構飛行機乗る人いるんだな」と思うレベルの混み具合。7割くらいが外国人で、3割が同じように仕事で国外に行くと思われる日本人です。家族連れは皆無でした(当たり前ですね)

さすがに出発ゲート付近は人が少ない…と思っていたら、搭乗時間にはどこからともなく人が後から後からやってきました。空港の滞在時間を短くしようと時間ギリギリに来た人も多いようです。それでも機内には空席が目立っていました。

差別されないかな…不安なまま離日です。

<ラスベガス編>続く

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。