オンライン旅行記

【オンラインタイ旅行】政府公認店!お取り寄せ絶品カレー

全然コロナ収束しないので、オンライン旅行も行きまくって慣れてきたものです。

でもライブツアーだとやっぱり食べられないので…今回は自分の口で味わえるツアーを申し込みました。料理系!食べる海外旅行ってやつを体験しました!

【前編】タイ政府お墨付き!5つ星レストランからお取り寄せ

執筆中

【後編】お腹いっぱいタイ料理が食べられる!料理教室ツアー体験

これは私が数年前にタイのバンコクの料理教室に行ってきた話をまとめています。実際に現地で体験した話なので、こちらはオフライン体験記ですが、いつかまた旅行に行けるようになったら参考にしてみてください。

料理教室名 バンコク・タイ クッキングアカデミー
Webサイト bangkokthaicookingacademy.com
実習時間 4時間(簡単な英語で行われます)
最低人数 一人からOK
値段 5品/1200バーツ(¥4300くらい)
支払い方法 教室終了後に現地で支払い(タイバーツ)または事前にクレジットカード払い(+3%)
申し込み先 Ron@BangkokThaiCookingAcademy.com. またはWebから
バンコク・タイ クッキングアカデミーをおすすめする理由

①作ってみたいメニューが豊富

タイ料理の種類は多いですが、日本では知られていないものも多いです。タイの家庭料理も良いけど、パッタイ・グリーンカレー・トムヤムクンなどいつも良く見る料理の作り方を知りたいと思う人も多いはず。ココナッツからココナッツミルクを直に作ったり、カレーのペーストから作れたり楽しそうなメニューが多いです。

②無料のオプションが多い

市場で買い物する所から参加したい人は無料でマーケットツアーに参加できます。時間が無い人は、調理開始前に直接教室に向かうことになっています。他の料理教室はマーケットツアーは別料金が多かったです。他にもお水が配られたり、ミニデザートが付いたりお得感がありました。

③一人でも参加可能

大体こういう教室は最低人数2人以上なので、一人旅で参加したい場合は一緒に行ってくれる人を探さないといけません。ここはメールで申し込みましたが返信も速いし、他にも一人参加の旅人が多かったので、気にせず楽しく過ごせます。

料金に含まれるもの

  • 清潔な調理器具エアコン完備の調理施設
  • 21種類から選べる豊富なメニュー(5品作ります)
  • BTS On Nut(オンヌット駅…BTS アソーク駅から10分)でピックアップ(帰りは試食が終わった人から自由解散) 待ち合わせ場所 こちら
  • レシピのURL付きの修了書
  • 無料の現地マーケットツアー(午前&午後クラスどちらも可)
  • カレーペースト&ココナッツミルク作成体験(これが面白いのでおすすめ)
  • 無料ミニデザート
  • レッスンに必要な全ての材料費
  • レッスン中のドリンク
  • レシピ

レッスン開始時間と日程

  • 月曜日~日曜日:午前クラス 8:45-12:15/午後クラス 13:15-16:30
  • 日曜日は団体グループのみ(要問合せ)

●午前(午後)クラス

8:45am(13:15pm) BTS オンヌット駅でシェフと待ち合わせ
9:15am(13:30pm) ローカルマーケットツアー
9:45am(14:00pm) クッキングレッスン開始
12:15am(16:00pm) 試食(かなりお腹いっぱいになります)
12:45am(17:00pm) 終了・解散

選べるメニュー例  ※申し込み時に要問合せ

カレー系

  • グリーンカレー
  • レッドカレー
  • イエローカレー
  • ペナンカレー
  • マッサマンカレー
  • カオソーイ(タイ北部で有名なカレーラーメン)

スープ&サラダ系

  • トムヤムクン(酸味と辛味がきいたエビ入りスープ)
  • トムカーガイ(ハーブたっぷりの鶏肉のココナッツミルクスープ)
  • ソムタム(青パパイヤサラダ)
  • ラープ・ガイ(タイやラオスで人気の鶏ひき肉のサラダ)

③前菜&ヌードル系

  • パッタイ(タイ風焼きそば)
  • パイナップル入りタイ風チャーハン(パイナップルの中に詰めます)
  • パッドシーユー(タイ醤油味焼きうどん)
  • チキン・サテ(東南アジアで人気の串焼き料理)

③炒め料理系

  • 鶏肉とカシューナッツ炒め
  • タイ風牛肉のブラックペッパー炒め
  • ガパオ(ひき肉とバジル炒め)
  • タイ風空芯菜炒め

④無料デザートメニュー(選べないので当日のお楽しみ)

  • マンゴースティッキーライス
  • 揚げバナナ
  • ココナッツミルクとバナナのデザート

現地の人しか行かない!?タイ人シェフとマーケットツアーへ

食材の買い出し&市場めぐり

このマーケットは調理する教室からも徒歩圏内で、 待ち合わせ場所からも5分くらい。珍しい野菜やスパイスを手に取って説明してくれました。

左側は豆腐です。タイで人気のパッタイ(焼きそば)にも入っていたりします。黄色は着色して色味を出し、星型の形は遊び心とのこと。可愛いなあ。

右側の根菜の名前は忘れました。笑

調理開始!イエローカレーのペストを全力で擦り上げる

20分程マーケットを回って、教室に戻ってきました。

この日の参加者は8人程。一緒に作業するペアを組まされ、まずはペーストから作ります。何でペアに?と思いましたがそれには理由がありました。

とりあえず薬味(レモングラス、にんにく、チリ、玉ねぎ)を細かく刻みます。

親の仇のごとくスパイスを細かく砕く

次はクミンシードとホワイトペッパー、砂糖とナンプラー、先ほど刻んだ薬味を入れてゴリゴリします。昔はタイの家庭ではこの石のすり鉢でスパイスを細かくしていたそうです。

粘りが出るまで腕の痛みをこらえ、ひたすらすり続ける

ゴリゴリゴリ…ちょっと手首が…まだ?

すり鉢が重いので手が疲れてきて、ペアになったと交代でやっていました。これで疲れるから2人1組か…。5分くらいやってシェフが回ってきます。

「これくらいもっとやって!ふんっ!」ゴリゴリリリ!

は、早い…マッハで動かすシェフの手が速すぎてカメラに収めきれずブレています。

ターメリックを加えてペースト完成

色味が付いて綺麗なペーストになりました。そこでシェフから一言。

「はい、ではプロセッサーもここにあるので、使いたい人は言ってください。」

いや、言うの遅いから。

生絞り!ココナッツミルクを作る

タイのカレーをおいしくするのに欠かせないココナッツミルク。ココナッツの内側をスプーンでこそいで絞ります。

ふんっ!これで果肉からココナッツミルク100%が出来ました。このミルクがカレーの甘さを引き立てます。今は簡単に買えるけど、昔のタイの人も大変だったんですね…。

やっとここまで来た…材料を集合させる

先程絞ったココナッツミルクと具材(タイナス、ベビーナス、鶏むね肉、チリなど)を1枚のお皿に集結させます。用意これでイエローカレーを作る準備ができました。

そしてみんなでガス台へ移動!

具材を炒め、ココナッツミルクを加える

一人ひと鍋与えられ、シェフの指示で具材を順番に炒めていきます。基本は英語ですが、難しくないので話せなくてもついていけそうです。

途中から何故か“Faster!Faster!”(もっと速く!)と急かされ、焦る生徒達。

サッと炒めるのがコツのようです。

焦りながら盛付・みんなで試食

完成しました!いただきます!

ココナッツミルクから作るカレーはとってもおいしくて、感動します。かなりこの1日で満足したので日本に帰ってからまた作るかは謎です。良い思い出になりました!

満足ランチ!他にもタイの人気料理4品

レッスン時間は4時間ですが、5品(1品は無料デザート)作るので結構忙しいです。っていうか時間ギリギリです。

この日は他にもタイ風春巻き、ガパオライス、パッタイ、鶏肉と何ちゃらの炒め物を作りました。出来たものはどんどん試食テーブルに並べていきます。すごいボリューム!

まとめ

試食しながらシェフにタイで疑問に思ったことやタイ料理について質問したり、他の国の人と話したり、とても楽しい時間でした。またいつかタイに行く時は、こんな体験出来たらいいな…。

ABOUT ME
sishamoo
2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。オンライン旅行にハマり、毎週3秒で家から海外に出かけています。 オンライン旅行記を投稿中。