エジプト

【金を払うまでついてくる】エジプトで出会うしつこい客引き体験談7選

壮大な遺跡や歴史を感じるスポットの多いエジプトは素晴らしいですが、客引きは引く程しつこいです。断っても断っても諦めません。普段あまり怒ることのなかった私でも、心穏やかでない瞬間が何度かありました。

エジプトを楽しく旅しているブログや、旅行サイトに載っているキラキラした写真の裏側には、一歩外を歩けば近づいてくる客引きとの戦いがそこにあります。そんな人ばかりではないですが、こういう体験談もあるので書いてみました。

インドの客引きとの違い

これは個人的な意見ですが、同じようにウザいと言われているインドとはちょっと違うと感じました。インドの方がどこか憎めないお茶目さがあると思います。その茶目っ気を差っ引いたのがエジプトの客引きで、ガツンと来るしつこさが特徴です。

しつこい人リスト

①売りたいものを売ってくる果物おじさん

②道案内してやったおじさん

③次から次へとやってくる!ファルーカ客引き隊

④次はウチの店来る?見るだけタダおじさん

⑤アンチUberじいさん

降りるなら金をくれ!恐怖のキャメルライド

⑦今すぐ書いて!ね?ね?レビューくれくれガイド

①売りたいものを売ってくる果物おじさん

特徴

出没スポット:街中 しつこさ:★★☆☆☆

体験談

カイロのマーケットで買い物をしていた時の話。リンゴが食べたかったので、ウロウロしていたら近くの果物屋と目が合ってしまった。インドもそうだけど、商品陳列に命かけてると思わせるくらい整っている。客が来たので、おじさんは張り切っているのが分かった。

私「おじさん、リンゴいくら?」
果「おー!ジャパニーズ!1kg30ポンドだよ!2kgくらい必要かな?」
私「いや、そんなにいらない」
果「1kg?」
私「1個でいいんだけど!One! Apple!」
果「One?少なすぎる!バナナも買いなさい」

とおじさんはバナナを手に取った。今にも袋にいれそうな勢いだった。慌てて止める私。

私「リンゴでいいんだって!」
果「じゃブドウはどうだ?エジプトのブドウはウマい」

と今度はブドウを手に取った。中々リンゴが手に入らない。

私「リンゴを売って!!」
果「わかったわかった。オレンジが好きなんだね」
私「リンゴって言ってんだろがあああ!」

疲れた…ちなみにおじさんはいたって真面目な顔で客のリクエストを聞かず、ガンガン売ってくるこちらもエジプトに着いたばかりの時は笑ってられたが、これが毎日続くと耐え難い。

②道案内してやったおじさん

特徴

出没スポット:街中(駅前) しつこさ:★★★☆☆

体験談

アスワンの駅から歩いていた時の話。予約した宿まで地図を携帯の地図を見ながら向かっていると、右手に小柄なおじさんがこちらを見ながら歩いていた。

エ「Japan?」
私「…Yes」

これがいけなかった。日本人と分かった瞬間、ポケットからホテルの写真が乗ってる紙を出してきて指差した。

エ「いいホテルだから。安いぞ。」
私「ありがとう。もう予約してるから行かないよ。」
エ「何で?安心だし、ルクソール神殿にも近いぞ!ホラ写真見て!」
私「予約してあるんだってば!今!向かってるの!」

エ「まだチェックインしてないから、キャンセルできるぞ!ウチのホテルに泊まりなさい!カム!」
私「行かないって言ってんだろがあああ!」

あーしつこい!!さらにどこのホテルに行くのかしきりに聞かれ、案内してあげると言ってずっとついてきた。もう相手にせず、荷物も重くてイライラしながら目の前の角を曲がると、宿の看板が見えその前にオーナーらしき人が立っていた。

良かった…無事着いた…とホッと一息。このエジプト人とも離れられる…と思った瞬間、おじさんがオーナーに1歩近づき何やらアラビア語で話しかけていた。しかし怒鳴り返されどこかへ消えていってしまった。

気になったので内容を聞くと、少しカタコトの日本語で教えてくれた
「アナタに道案内頼まれたから連れてきた。お金を払えとイイマシタ。」
「えーーー!?」

おっさんそう来たか…しかし宿側に請求するより、客側から取った方が儲かるんではなかろうか。

③次から次へとやってくる!ファルーカ客引き隊

特徴

出没スポット:ナイル川沿い(ファルーカー乗り場) しつこさ:★★★☆☆

体験談

ルクソールの街中であった話。宿で仲良くなった人と、夕日がナイル川に沈む景色が綺麗だから見に行こうということになった。ファルーカという帆船に乗って船の上から景色を楽しむ人も多い。

川沿いには、地元のエジプト人も含めてたくさんの人がその景色を見ようと集まっていた。ということは、観光客が集まる時間は客引きにとっても稼ぎ時なのである。

到着すると、ガラベイヤ(白色のアラブ男性が着る服)を着たエジプト人男性が、周りを見て客を探しながら何人も立っているのが見えた。

RPGゲームの世界では、プレーヤーが近くを通ると話しかけてきたり、貴重なアイテムをくれたりする。話したくなければ、相手の後ろを通って先を進んだりできる。しかし現実では、話したくなくても相手をかわすことができない。

エ「ハロー!ファルーカ?」とまずは右手からエジプト人が近づいて来た。
私「ノーセンキュー」断って客引きの少ない方へ進む。

しかし、その1m先に違うエジプト人が前に立ちはだかる。

エ「ウェルカム!ファルーカ?カム!」
私「ノー!!」

そのすぐ先にまた別の客引きが目に入り、先へ進めなくなった私達。夕日に集中できない。すると後ろからまた別の声かかった。

エ「ファルーカ?チーププライス!」
私「ノーって言ってるだろがあああ!!!」

ファルーカ…ファルーカ…断っても断っても次々とやってくる。3分に1回は呪文「ファルーカ」使いがやってくるのだった。確かに夕日は絶景だった。若干残るこの疲労感もエジプト旅行の醍醐味…と自分に言い聞かせて宿に戻ったのだった。

翌日、また同じ場所に夕日を見に行った。客引きが声をかけてきたので、中国の団体観光客に逃げて混ざってみたら、おばちゃん達がまくし立てて撃退していった。ファルーカ使いを封じる呪文は中国語だったようだ。助かった。

④次はウチの店来る?見るだけタダおじさん

特徴

出没スポット:観光地のお土産屋周辺 しつこさ:★★★★

体験談

ピラミッドのあるギザ周辺で散歩していた時の話。宿を1泊取ったが、観光客が過ごせるような場所はピラミッドくらい。あとは民家でやることがなくてブラブラしていた。

ふと小さなお土産屋さんが目についた。エジプトの香水の入れ物は可愛いな〜と見ていると後ろに気配を感じた。振り向くとガラベイヤに見を包んだ眼光が鋭いおじさんが立っていた。

お「ジャパン?カム!」と手招きをして、店内へ入れと言っている。

私「ノーセンキュー」私は首を振り、先へと歩いていった。するとおじさんがエジプトの土産屋で蔓延してる日本語を言いながら後からついてくる。

お「どこ行くんだ?ウチの店に来なさい。見るダケタダ。」
私「飲み物を買いに来ただけだから!行かないよ!」

と、目に入ったジュース屋さんに逃げた。あー良かった!と適当に飲み物を頼んで15分程その店で過ごした。外に出ると…

「終わったか?次はウチの店で買い物しよう」

おじさんは何と私が出てくるまで待っていた。

「…Σ(゚Д゚)!!!!」
「どこへ行く?そっちには何も無いぞ!」
「行かないって言ってんだろがああぁ!」振り切って逃げた。

インドでもたまにあるこの「客の用事が終わるまで待ってる」営業スタイル。頼んでないのに待たれる側は非常に怖い。ちなみにエジプト人と一緒に歩くとこういうのはかなり減る。やっぱり誰かと一緒に出歩くのが安心。

⑤アンチUberじいさん

特徴

出没スポット:街中(Uberが使える都市部) しつこさ:★★★

体験談

カイロの宿からUberで移動しようとした時の話。いつものように乗り場を指定し、近くを走っている車があと数分で到着する所だった。
相手が見つけやすいように外で待っていたら、白ひげの年配のエジプト人が声をかけてきた。
エ「タクシー?」
私「No! ドライバー待ってるからいらない」
エ「ウチの方が安いぞ!ホテルで予約したのか?」
私「Uberで予約したよ」

それを聞いた瞬間、白ひげのおじいさんは口調を強めて怒っていた。
エ「またUberか!みんな最近はそればっかりだ!若いドライバーしか稼げない!」

確かにUberを使う観光客は増えてるし、年配のドライバーには、アプリを使いこなすのも慣れないから大変だろうな…と思った。

エ「ウチの方が安い!そっちはキャンセルしなさい!」
私「NO!!もうすぐ着くから乗らない!!」
エ「安全だぞ!私は20年もやっている!心配なら免許証を見せよう!どうだ!?」
私「乗らないって言ってんだろがああああ!」

その数秒後に予約した車が到着して、飛び乗った。おじいさんに一瞬同情したのも束の間、しつこさは若いドライバーにも負けていない。

降りるなら金をくれ!恐怖のキャメルライド

特徴

出没スポット:ピラミッドエリア内 しつこさ:★★★

体験談

ピラミッドエリア内を観光していた時の話。
写真に夢中になっていたら後ろから、ラクダ引きのおじいさんに声をかけられた。
お「キャメルライド?30ミニッツ!トテモヤスイ」

特に乗る予定はしてなかったが、100ポンド(674円)で30分乗せてくれる。一応回値段を確認してからOKした。

ラクダは座っていると分からないが、両足で立つと2mくらいある。さらにその上にまたがっていると目線が上がるため、3mくらいになるので結構高さがある乗り物で、怖いと言う人も多い。かなり外は暑かったけど、ピラミッドのキャメルライドを楽しんだ。

30分はあっという間に過ぎ、さあ降りようとラクダ使いに声をかけた。
しかし、おじさんはラクダに指示を出さない。そしてくるっと振り向いて右手を出した。

お「降りたければ500ポンド払え」
私「えーー!?」
何と5倍の金額を請求してきた。声をかけてきた時の人懐こい笑顔は消え、笑うせぇるすまんのようなあやしい顔つきになっていた。

飛び降りるには高くて危ないし、かといってラクダは主人の指示しか聞かない。500ポンド(3,372円)は払えない額ではないが、やり口がズルいので払いたくない。

そこで、私はポーチからボールペンを取り出してはったりをかけることにした。

私「よく聞いておじさん、このペン、すごーく特別だよ。書いたら消える不思議なペンだよ。もうあと1本しか持ってない。キャメルライドが楽しかったからおじさんにあげようと思っていたのに」

おじさんだって最初は信じない。

お「それはウソだ。早く500ポンド渡しなさい」
私「じゃこれは他のエジプト人にあげる。エジプトでは手に入らないよ!いいの?」

おじさんは私の右手にあるペンを見つめて黙ってしまった。きっと頭の中でペンと500ポンドと天秤にかけている。

お「…本当に消えるのか?見せてくれ。」
私「見せたいけど、ラクダに乗ってたら見せられないなー!!」

こうして、200円のフリクションボールペンではったりをかけたおかげで、500ポンドを払わずに済んだ。客引きのラクダに乗るとロクなことがないのでお気をつけて。

⑦今すぐ書いて!ね?ね?レビューくれくれガイド

特徴

出没スポット:現地ツアー しつこさ:★★★★★★★★★

体験談

これもギザの話。ピラミッドエリアを個人でぐるっと回るには暑いし、日陰もないので車で送迎ありの半日現地ツアーを取ることにした。お客は私一人だった。

宿までエジプト人ガイドが迎えにきてくれて、ピラミッドの歴史の説明をしてくれたり、エジプト神話を聞かせてくれた。一人で来るよりかなり勉強になって良かったと思っていた。まだこの時は…。

気になるのは、所々はさまれる「良いガイドだったってレビュー書いてね」というセリフ。もちろん、満足したら書くつもりだったけど、ちょっとしつこいなと思っていた。

そして、ツアーも後半。あと2時間程で車で市内を回って終了の予定だった。向こうもラストスパートをかけ、車内がレビュー書いてね地獄となった。

ガ「今日楽しかったら、僕の名前を付けてレビュー書いてくれる?」
私「わかった。宿に着いたら書くね。」

そして昼食のお店で食事を取って車内に戻ると、このやり取りが10分置きで数回繰り返される。
「ご飯おいしかった?」
私「おいしかったよ。」
ガ「じゃあレビューにレストランのことも書いてね?いつ書ける?」
私「…帰ったら書くよ。」

そして宿に向かう車内。もうガイドはレビューのことしか言ってこなくなり、あまりにしつこいので私もイライラしていた。

ガ「レビュー書いたら連絡してね。忘れると困るから。」
私「…わかったよ!ちゃんと書くからもうこの話したくない!」
ガ「心配なんだ!そうだ、今レビュー書けるよね?今書いて!ね?」
私「帰ったら書くってば!!ちょっとしつこいよ!」
ガ「携帯出してくれる?今ならレビュー忘れないから!ね?ね?」
私「書くって言ってんだろがああ!!」

無限ループ。車内で逃げ場はないし、もう気が狂いそうだった。
ツアーが終了し、やっぱり個人で回った方が良かったかもと少し後悔した。

 

エジプトしつこい客引きまとめ

以上が体験した客引きの紹介となります。もうこれを読んだだけで疲れてきそうですが、良いエジプト人もたくさんいます。困った時に何度も助けてもらいました。ただ客引きだけはガチでしつこいので、自分の怒りの新境地が見えてくるかもしれません。楽しい旅を!

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。