インド

【ゲスト1000人分】インドの結婚式の舞台裏・厨房編

インドの結婚式のシーズンは猛暑が過ぎて、過ごしやすくなる11月頃から始まります。地域によりますが、町のあちらこちらでピンクのカーテンが飾られたり、お花をふんだんに使った会場が見られるようになります。

私も数回しか参加したことはありませんが、日本の結婚式と違って驚いたのは、招待されていなくても参加可能、さらにご飯もたらふく食べられるということです。

「ちょっとコンビニ行かない?」くらいの気軽さで誘われ、人生で初めて他人の結婚式を数件はしごして回るという体験をしました。もちろんきちんと招待されている親族や友人たちもいますが、私のようなご飯が食べたくてついてきた人もいるため、その招待客は1000人近くになることもあるようです。

では、その1000人の胃袋を満たす厨房はどうなっているのでしょうか。

1件目:新郎登場遅めの野外会場ウェディング

「今日の夜、友達の結婚式あるけど来る?」
北インドのアグラ人の宿に泊まっていた時、ロビーで仲良くなったインド人に声をかけられた。

え?行っていいの?(゚Д゚)

同じ宿に泊まっていた他の人も行くというので、少々怪しみながらも行くことに。この結婚式をするのは、宿のオーナーの友達のお母さんの友達の息子の息子。もう訳が分かりませんが、誘ってきた彼も全然知らない他人なのは間違いないようです。

夕方、バイクで結婚式会場到着。途中お花屋さんでバラを一輪買いました。

北インドと南インド、家柄でも結婚式のスタイルが違うようですが、このエリアは夜から朝まで3日間、子どもも学校休んで参加OK、朝までみんなで踊り明かすという猛烈な日程となっています。

集合時間は夜7時女性はお出かけ用サリーでみなさん目を奪われる美しさ!とりあえず、数時間のセルフィータイムです。外国人の私は珍しいようで、取り囲まれてしまいました。

 

3時間経過

未だにセルフィーを撮り合う招待客、子ども達は元気に会場を駆け回り、新婦と親族はは別部屋でお化粧中新郎と親族はまだ到着してません。

おーい!一体いつ始まるの??

時間が読めないインドは結婚式もスローです。

1000人分のご馳走!結婚式場で働くみなさん

主役が来ないので、先に食事が始まりました。ビュッフェ形式です。メニューはもちろんカレー。野外会場なので、カーテンのすぐ裏が調理場になっています。

  

調理してる人の格好は全員ジーパンにサンダルで、せっせとまだ準備中でした。大鍋にカレーが数種類、大量のナンもこのお兄さんが一人で生地を丸めて伸ばしています。人員配置がおかしいような気がします。

  

青シャツのお兄さんが黒シャツのおっちゃんに生地を投げてパス。目の前のタンドールに貼り付けて生地を焼いていきます。

おっちゃん疲れたので休憩中。

  

実演①焼きそば 

外ではテーブルの上に山積みにされている麺の山下に敷いてある土台は野菜です。手前に座っているお兄さんが実演提供するのですが、みんなから無言のプレッシャーを受けながら一人で作っています。何故か鍋が小さいから一回作ったら10秒で完売

実演②インド風クレープ

こちらは鉄板で焼き上げて提供しますが、スタッフ一人で1枚ずつしか作れないので口に入るまでにかなりお時間がかかります。でも人気メニューなので行列。

結局4時間待ちましたが、一向に新郎家族が来ないので後でまた来ることにしました。

2件目:式場シェア2組同時の合同ウェディング

先程の式場の目の前にもう1件広い会場があり、中に入るとここも結婚式をやっていました。そして何とここは合同で結婚式を挙げる予定とのこと。

中では、少し離れた場所に別々で2組の新郎、その家族とお客さんが集まっていました。かなり露骨ですが、新郎の首にはお金に困らないようにお金のネックレスがかかっています。マーケットでも発見。

  

まだ夫婦になる儀式?が終わっていないため、それまでは新婦とは別の部屋で待機です。

こちらが本日のお嫁さん達。まーキレイ!美しくお化粧済です。インドの女性の肌には赤い色がとても映えます。綺麗すぎて言葉に詰まってしまいました。

外では青空調理場が稼働中。既に食事時間のピークは過ぎていたようで、調理場のおっちゃん達みんな休んでました。2組分のお客さんを合わせると2000人程になるらしく、日本の結婚式場のキッチンがひっくり返りそうな人数です。こんなでかい鍋はどこに売ってるんだろう。

この時点で時間は12時。一緒に来たインド人に聞きました。この後は何があるの?すると彼は当たり前のような顔してこう言いました。

これから数時間かけて夫婦になる儀式があって、それから朝まで踊ると。

でも遅れてるからあと2時間は始まらないよと。

ああそう…みなさんの体力に脱帽。

もう眠くて待っていられなかったので、雰囲気だけ楽しんで宿に戻りました。みなさんこの度はおめでとうございます。

ABOUT ME
sishamoo
旅に出た時、他の旅人の情報を元に行先の参考にする人は多いはず。次に旅する誰かのために繋げるサイトを目指して残します。 2020.3月 新型コロナウイルス蔓延のため、失業中。しばらくはコロナ自粛を乗り切るための活路を見つけるサイトになります。インドが好きなのでインドのちょっと変わったニュースを紹介中。